【歴史】邪馬台国は“嘘”をついた? 「親魏倭王」の称号を手にした卑弥呼の狙い 奴国の海人が暗躍

1 : 2021/08/02(月) 22:34:00.47 ID:kJ7ttiNV9

富を蓄えた北部九州に対抗するために、三世紀初頭の奈良盆地に人びとが集結し、ヤマト勢力が出現した。邪馬台国の卑弥呼は、勃興する強敵・ヤマト勢力に対抗するために、策を講じる――。邪馬台国こそ日本列島を代表する「ヤマト」である――卑弥呼は魏に対して嘘の報告をしたのだ。

■倭人の王の外交デビュー

『漢書』地理志(一世紀ごろ成立)に、弥生時代の日本の様子が記されている。

※省略

このころ、朝鮮半島南部の鉄を取りに、穢(わい)・倭・馬韓の人びとが群がっていたとあり、奴国の海人たちも、こぞって進出していたのだろう。そして、富を蓄えた上での、朝貢ということになる。

※省略

改めて確認しておくが、ヤマトの纒向(まきむく)に人びとが集まりはじめたのは3世紀初頭のことで、ヤマトが国の中心となったのは、3世紀半ばから4世紀にかけてのことだ(絶対年代は確定していない。幅がある)。また、邪馬台国がヤマトと同一かどうかは、ハッキリわかっていない。

邪馬台国は2世紀後半から3世紀にかけて日本のどこかに存在した倭国の首都だ。邪馬台国は倭国の王が住む国で、卑弥呼と台与(とよ=壱与〔いよ〕)の2人の女王が立てられたが、この間にも中国では、動乱が続き、勢力図はめまぐるしく変化していった。

西暦265年に、魏は晋(西晋)に変わり、280年に南方の呉が滅び、晋が国土を統一すると、翌年11月、倭人が来朝し、方物を献上している。王の名は記されていないが、卑弥呼の宗女・台与と思われる。

邪馬台国の2人の女王は、『日本書紀』に登場せず、中国側の史料に現れるだけだ。しかも台与は、このあと歴史からフェイドアウトしてしまう。行方がわからないのだ。ここにも大きな謎が隠されている。

倭国は北部九州と考えた方が理にかなっている。拙著『ヤマト王権と古代史十大事件』(PHP文庫)の中で述べたように、邪馬台国は北部九州の山門県(やまとのあがた:福岡県みやま市)にあったと思う。

奈良盆地にヤマトが出現したのは、富を蓄えた北部九州に対抗するためで、多くの人びとがヤマトに集結した。逆に窮地に立たされた北部九州は、朝鮮半島に進出してきた魏に、すばやく使者を送り、「われわれが日本列島を代表する邪馬台国(ヤマト)」と偽りの報告をして、卑弥呼は「親魏倭王」の称号を獲得してしまったのだろう。

江戸時代に本居宣長が唱えた「邪馬台国偽僭(ぎせん)説」の考えに近い。本居宣長は、「天皇が中国にへりくだるはずがない」という発想から偽僭説を思い浮かべたが、そうではなく、虎の威を借りることで、ヤマトを牽制する目的があったのだろう。親魏倭王のヒミコを倒せば、ヤマトは魏の敵になる。

また、この時北部九州は一枚岩ではなく、沿岸部の奴国と西隣の伊都国(いとこく・福岡県糸島市と福岡市西区の旧怡土郡)は、それぞれがヤマトと邪馬台国、別々の勢力と通じていたと思われる。

奴国はヤマトと手を組み、伊都国は邪馬台国と魏の間をとりもったのだろう。考古学は三世紀初頭にヤマトや山陰勢力が奴国周辺に押しかけていたことを突きとめているが、奴国はヤマトを北部九州に誘い入れた人たちだ。

※省略

北部九州は朝鮮半島の鉄を大量に入手することで栄えた。もちろん、鉄の代償となる何かを輸出していただろう。

つまり、この記事にある行程は、邪馬台国と朝鮮半島をつなぐ最大のルートだったはずで、それにもかかわらず、交易の道が「本当に歩けるのか」と訝しむほどであるはずがない。ここに大きな意味が隠されている。

伊都国と奴国は、「海の道」の終着点となる天然の良港を備えていたから栄えたのだ。とすれば、末盧国から伊都国まで魏の使者を歩かさなければならない特別な理由があったと考えねばならない。

答えは簡単だと思う。邪馬台国と伊都国は、ヤマトに通じていた奴国に、魏の使者の到来を悟られてはならなかったのだろう。奴国は海人の国でもあり、奴国の海人たちは伊都国や末盧国の近辺を普段から船に乗って往来していただろう。だから、魏の使者を船に乗せて末盧国から伊都国に連れて来れば、見つかってしまう恐れもあったのだ。

ならばこのあと、ヤマトと邪馬台国の関係はどうなったのだろう。

※省略

ただ、勝利を収めたのはヤマトだったこと、邪馬台国にしろヤマト建国にしろ、九州を中心とした海人たちが暗躍し、鍵を握っていたということは間違いない。(続きはソース)

関裕二(歴史作家)

7/31(土) 11:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210731-00010000-php_s-bus_all
レス1番の画像サムネイル

2 : 2021/08/02(月) 22:34:55.62 ID:UMuTxHWJ0
そもそも邪馬台国と卑弥呼は存在するんか?
6 : 2021/08/02(月) 22:36:24.47 ID:c+ibAQx80
>>2
アホか
8 : 2021/08/02(月) 22:37:32.38 ID:UMuTxHWJ0
>>6
あ゙ぁ゙んっ!?
12 : 2021/08/02(月) 22:41:38.39 ID:c+ibAQx80
>>8
少しは勉強しろボケナス
33 : 2021/08/02(月) 22:56:14.58 ID:UMuTxHWJ0
>>12
いねーよ卑弥呼なんで
31 : 2021/08/02(月) 22:55:40.17 ID:8vLf4P6q0
>>2
あったとされ、いたとされている。
確認されていないので無いとも言える。
3 : 2021/08/02(月) 22:36:02.52 ID:pEXGMC7L0
おとぎ話
4 : 2021/08/02(月) 22:36:10.67 ID:tHevDqfC0
卑弥呼の卑は中国語で卑しいって意味で
日本を小馬鹿にするために中国ではその人を卑弥呼と呼んでいた。
5 : 2021/08/02(月) 22:36:21.03 ID:lEvokBk20
あれは嘘だから!
近畿が正解だから!
9 : 2021/08/02(月) 22:37:52.22 ID:zzUVWfp/0
結局邪馬台国ってどこにあったんだよ
38 : 2021/08/02(月) 22:59:54.54 ID:l9Q74IC50
>>9
奈良。
10 : 2021/08/02(月) 22:38:56.33 ID:9X2Z9WHh0
また古いネタをもってきたな
11 : 2021/08/02(月) 22:40:45.56 ID:mGXoYy+w0
上半分九州の邪馬台国は衰退し
畿内のヤマト王権が九州を征服

畿内のヤマト王権には邪馬台国の
末裔が関わっていたかもしれない

13 : 2021/08/02(月) 22:42:32.60 ID:z01ESSVe0
関さん当時の奈良はカエル拝んでるド田舎だよ
14 : 2021/08/02(月) 22:44:18.83 ID:SR8fIcCd0
分家というか出てった方の次男三男の裔(近畿)が強大になって本家(九州)を飲み込んだんだろ?
16 : 2021/08/02(月) 22:44:47.24 ID:qgp11CJn0
北部九州の小国が中国に嘘ついて
「近畿の大和国って凄いな名前貸して貰おう」って考えて
「おう俺大和国やねん中国何かくれや」と言ったのか
17 : 2021/08/02(月) 22:45:17.82 ID:nstqHIPY0
交易でも鉄器の入手でも有利な北部九州に、
奈良ヤマトがどうやって勝てるのか、
なぜその後その歴史が忘れられるに至るのか、
その辺からして説明できないと、どっちがヤマトだったとわかった所で、
歴史の説明にはならないと思う。
18 : 2021/08/02(月) 22:45:18.98 ID:dAaLKuf10
ヤマトとヤマトがあってヤマトと嘘ついたとかおかしいと思うよ
北部九州に天皇がいて近畿に移住して行ったんだよ
そこに住みついていた縄文人とは生活できなかったんだろ
21 : 2021/08/02(月) 22:47:01.19 ID:dxI1gyBl0
>>18
なんで妄想を堂々とはけるのw
35 : 2021/08/02(月) 22:56:25.01 ID:dAaLKuf10
>>21
帥升とは天皇の事だからな
古代日本では天皇の事を帥升と言ってたらしい
22 : 2021/08/02(月) 22:48:34.54 ID:mqmGNwCu0
全ての謎は
13歳で女王となった邪馬台国2代目女王・壱与のもとに
あぁ、アマテラス様
23 : 2021/08/02(月) 22:48:37.75 ID:ixm0Tq2j0
また、老害たちが無意味な書き込みを延々と続ける無駄なスレが立ちました。
24 : 2021/08/02(月) 22:49:37.60 ID:GLUvC7ir0
最初から最後まで筆者の推測でしか無いじゃねーか
26 : 2021/08/02(月) 22:51:40.83 ID:QNIWLfuc0
>>1
もうここまで考察が複雑になると証拠となる遺跡もグチャグチャなんだと思うわ
27 : 2021/08/02(月) 22:52:13.13 ID:Ml5+DtbR0
金印以外の文字情報が発掘されるまではなんにも手がかりがないものを
何度も何度も蒸し返してご苦労なことだ。
28 : 2021/08/02(月) 22:52:44.06 ID:YHzcSaI10
白河夜船
30 : 2021/08/02(月) 22:54:35.91 ID:SR8fIcCd0
九州と奈良は直接、敵対するにはちょっと遠すぎるだろw
いくら稲作は小麦作ってる文化圏に比べて戦争での動員数が桁違いといっても無理だろ?

初期ローマの戦争なんか、浪商野球部が甲子園に来るぐらいの距離だぞ。

32 : 2021/08/02(月) 22:56:05.87 ID:Iz8yYZ7D0
また関裕二か
34 : 2021/08/02(月) 22:56:18.31 ID:pfiREIMh0
朝鮮半島南端の町で鉄の延べ棒と交換できる日本の品なんて
米か糸魚川のヒスイか奴隷ぐらいしか無いな
36 : 2021/08/02(月) 22:57:23.81 ID:YqCw2/6b0
🇭🇺ハンガリー語で居住区だっけ?ヤマトって
39 : 2021/08/02(月) 23:00:17.39 ID:rVWWdmdi0
台与(とよ)と壱与(いよ)は、一方が正しく一方が間違いというわけではなく、それぞれ個別に存在していた
台与(とよ)=豊国(とよのくに)=福岡
壱与(いよ)=伊予の国(いよのくに)=愛媛
「台与」と記した書物は福岡地方の女王、
「壱与」と記した書物は愛媛地方の女王を示していたに過ぎず
伝承者がどちらの女王を正統な王と見ていたかの違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました