【産経】茅葺きから土屋根に変わる縄文時代の復元住居 30年の研究成果 年間通して土屋根かも議論に

1 : 2021/07/19(月) 14:00:35.14 ID:NSPfRmch9

かつて近世の古民家のような茅葺きに復元された縄文時代の住居が、土をかぶせた屋根に変わってきた。発掘調査に基づいており、新たに復元整備される遺跡では土屋根が主流になるとみられる。31日まで開催中のユネスコ世界遺産委員会では、土屋根が複数箇所で見られる「北海道・北東北の縄文遺跡群」が登録される見通し。縄文集落の景観イメージは大きく変わりそうだ。

■まるで土饅頭

 裏側から見ると、まるで土饅頭だ。「北海道・北東北」を構成する17遺跡の一つ「入江貝塚」(北海道洞爺湖町)の復元住居は土で覆われ、従来の茅葺きとイメージを大きく違える。「風が入らず、保温性が高い」(同町教育委員会)という。

 茅葺きのイメージがあるのは、現在見られる復元住居の多くが茅葺きのためだ。縄文や弥生時代の家は、地面を掘りくぼめて複数の柱を立て、その上に屋根を掛けた半地下式の竪穴住居。床のくぼみや柱穴は全国で見つかっているが、失われた屋根は遺物などから推測して復元される。

 茅葺きは戦後間もなく、弥生時代の集落・水田跡「登呂遺跡」(静岡市)などで竪穴住居が復元された際に採用されたが、当時は屋根の素材が分かっていなかった。

 登呂遺跡では水田と集落が一体となって確認され、考古学ブームが発生。教科書にも載せられ、水田稲作のイメージとともに茅葺きも定着した。埋蔵文化財は地表に建物がなければ集客が難しい。各地の遺跡で茅葺きを参考に復元整備が行われた。

…続きはソースで。
https://www.sankei.com/article/20210718-M6ILDY3F35LSVNRV5QOVOK4T2U/
2021年7月18日 8時00分

3 : 2021/07/19(月) 14:12:36.89 ID:+ZpKnRkq0
>>1
これのどこが速報ですか?
5 : 2021/07/19(月) 14:16:25.54 ID:/TnRq0Mc0
ポリカーボネート波板 を貼ってたかも知れないのに
6 : 2021/07/19(月) 14:50:11.36 ID:zlzqLL6A0
昔田舎に茅葺屋根の土間があったが、夏涼しかったなぁ。
茅葺自体は通気性はあまり無いと思うのだが、通気は窓からで土乗っければそれなりに涼しいのでは。
ただし、ジメジメは仕方ない。

あるいは真夏は別の小屋があったかもだが。

7 : 2021/07/19(月) 14:55:58.07 ID:hG7mTbd90
縄文時代は人類が二酸化炭素吐きまくったせいで
現代より平均気温高かったんだろ
なら夏涼しいほうが重要だろう
10 : 2021/07/19(月) 15:26:23.97 ID:G8lPXdrv0
寒冷化があったから現在の気候・環境は参考にならないと思う
11 : 2021/07/19(月) 15:35:39.13 ID:NWPIq0Zf0
これなら暑い時期も涼しいはず
12 : 2021/07/19(月) 15:48:52.89 ID:UJ0yDZt00
恐竜の肌の色が判って無いのに似てるな
13 : 2021/07/19(月) 15:53:06.24 ID:NWPIq0Zf0
古民家は風通しが良いから涼しいという人が居るけど、それは間違い
断熱性や蓄熱性の高い土壁を使っているから涼しい
特に厚い土壁を使ってる土蔵はひんやりしてる
15 : 2021/07/19(月) 16:03:40.85 ID:UJ0yDZt00
竪穴式住居は高台にでも建てないとすぐ水没しそうだよな
まあ水没して困るようなものもないかもしれないけど
17 : 2021/07/19(月) 16:41:24.84 ID:UbaXwzOj0
>>15
縄文時代の住居は高台に作られるのが基本
現在平野になっている場所は縄文時代は海の底か低湿地なのでそもそも住めない

雨に対しては流れこなまいように建物の床を掘り下げた土で周りに堤を作ったりその外に溝を掘ったりしている

18 : 2021/07/19(月) 17:12:07.07 ID:1kGWR3sc0
>>17
高台ってどのくらいの規模の話してる?
サイタマーの黒浜は確かに現在の丘上に集落があるが当時は海岸が目前に迫っていて高所と言えるような海抜じゃなかった
32 : 2021/07/19(月) 21:07:35.43 ID:yv22FKZk0
>>18
貝塚って言われる場所からの出土も多いし、どうなんだろね
21 : 2021/07/19(月) 18:00:50.38 ID:PJqlRWP90
>>17
高台って不便じゃね
生活用水の確保が大変
当時は大きな水瓶なんて無理だろうし
16 : 2021/07/19(月) 16:21:55.91 ID:1kGWR3sc0
知る人ぞ知る米小説の大草原の小さな家シリーズにソッド・ハウスという開拓民が住んだ土壁の家が出てくる
本来は木の少ないプレーリーで豊富な芝を利用するものらしいが
小説(事実を元にしてる)では川辺の土手に掘られた穴にドアや小窓をつけたもので冬暖かく夏涼しいとされてる
ただし湿度が高くなりがちらしいので縄文版で梅雨対策をどうしていたのかは研究の余地がある
>>1の通り北東北が南限なんじゃないだろうか?
19 : 2021/07/19(月) 17:41:38.92 ID:HId3H9Fn0
日本の気候風土でこれはないわ。
22 : 2021/07/19(月) 18:45:02.08 ID:RicmqUoi0
梅雨時や台風の豪雨の季節はどうしていた?
雨が降るたびに屋根が流れるぞ??
23 : 2021/07/19(月) 19:22:27.27 ID:/6/i7RLT0
我々が想像するより進んでいたと思うけどね
古来から造船技術や航海術とかあるから海を渡るんだろ?
魚も釣らないといけないし、藁舟で魚を獲りに行くか普通?
24 : 2021/07/19(月) 19:48:05.16 ID:T32cvB1m0
近所にコンビニが無いと生きていけない俺たちが
古代人を上から目線で語るのはおこがましい
25 : 2021/07/19(月) 19:52:28.68 ID:6TYqG3En0
現代人はトイレットペーパーがないだけでパニックだからな
31 : 2021/07/19(月) 21:05:30.74 ID:yv22FKZk0
>>1
100年家を保つのは難しい、湿気と雨と災害の多い日本には相応しいのでは
やたらと高いタワマンとかビル群や戸建ては、地球も重たいでしょう
34 : 2021/07/19(月) 21:26:33.89 ID:D6u8URHw0
>>31
地球はヒマラヤ支えるほど力持ちだから重くないぞ
そもそも鉄やセメント全部が元々地球の物
人がほんのちょこっと位置を移動しただけだぞ
33 : 2021/07/19(月) 21:08:27.33 ID:lkStR/G/0
世界初の高気密高断熱住宅だな。
現代文明はようやく縄文人に追いついたようだ。
35 : 2021/07/19(月) 21:31:57.94 ID:BtF0icef0
>>1
北ヨーロッパも昔は土の屋根だったよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました